and the truth shall make you free.

このトップページ以下の各ページにある映像は日本語のものを加えていますので各国語版とは異なり、視聴できる映像の数が少ないか別のものに置き換えられています。英語版と同じものを視聴するには次のページから入りなおしてください。ただしほとんどが英語の映像です。


はじめに

「歴史は勝者の戦利品である。」

これはドイツの哲学者ヴァルター・ベンヤミン(Walter Benjamin)の言葉です。歴史は常に勝者によって書かれ、その歴史観を敗者押し付けてきました。

この言葉の意味を本当に理解していただけるなら、わたしがここに書く記事の半分をすでにあなたは理解したことになることでしょう。

 


近年そのマインドコントロールとも言うべき手法は高度化しており、敗者ですらその歴史観があたかも本当であったかのように思い込まされ、敗者自身がそれを主張するほどまでになっております。

このことは日本にも当てはまり、敗戦国である日本においてアメリカの占領は7年間続き「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」War Guilt Information Programと呼ばれる日本人に罪責感を植えつけるプロパガンダが行われました。その結果、今日に至るまで多くの日本人が不正確な歴史観を植えつけられてきているのです。

 


今回は特にわかりやすい「南京大虐殺」と「従軍慰安婦」の偽りの2つにポイントを絞って描きます。その二つが偽りであることが理解できるなら、その他の数多くの事柄についての理解も与えられることでしょう。

 


本文

中国と韓国の主張は嘘である。

最後に

このホームページに目を通してくださりありがとうございます。

 

このような情報提供をすることは、元々私が意図したことではありませんし、私も心が痛むことです。
歴史に関して、過去にこだわるのではなく、世界各国の人たちが互いに愛し合い、共に未来に向けて前進する べきであると私は考えています。
しかしながら、和解という名の下で、事あるごとに過去の歴史を持ち出す人たちおり、 しかも、間違った歴史を持ち出し日本を責め立てることを頻繁に行われているからです。

もちろん、その訴えが事実であるなら、謙虚に受け止めることもできますが、そうでないなら何の弁明もしないことが正しいとは思えないのです。

さらに詳しく

私がこのようなホームページを作ることを励ましたのは、元駐日イスラエル大使のエリ・コーヘン氏が、従軍慰安婦の問題をホロコーストになぞらえて世界の同情を買おうとしている韓国の情報線略に対して断固とした姿勢を持つべきだと日本のテレビ番組で語っていたことにあります。 (注:ただし、彼が批判したのは韓国の手法についてであり、その真偽について政治的発言をしたわけではありません。)

ニュースで語られたり学校で教えていることを鵜呑みにするのではなく自分で考えて何をすべきか一人ひとりが自分で判断できるようになることを私は願います。